Archive for 2月 2013

転倒・転落の危険

我が家の1階には部屋が3つほどあります。

ある日の事、ベビーベットに赤ちゃんを寝かせていました。寝ているので大丈夫だろうと別の部屋へ少し行った時のこと。突然、ゴンと大きな音と鳴き声がしました。びっくりしていくと赤ちゃんがベッドから落ちていました。ちゃんと柵を上げていなかったため、赤ちゃんが寝がえりの際に落ちたのでした。頭が腫れ、少し擦りキズもできました。その時はそのほかはなんともありませんでした。しかし、一歩間違えると死に至った出来事でした。

その時以来、ちょっと目を離す時もきちんとベビーベットの柵をあげておくようにしました。つかまり立ちをはじめると柵によじ登ろうとする姿が見られるようになりました。動きが活発になったら、ベビーベットは卒業しないといけないと思いました。

赤ちゃんの転落や転倒の事故はよく話に聞きます。ベビーベットだけでなく、食事中に子供用のハイチェアに乗せていた時に、立ちあがってしまい転倒してしまうこと。また、ベビーカーや抱っこひも使用中の転落事故など。

元々、頭は石頭な赤ちゃんですが、転倒や転落の仕方によっては大きな事故に繋がることもあります。私もチャイルドシートに赤ちゃんを乗せていて、抱っこひもを装着しようと少しの間シートベルトをはずした時に赤ちゃんが動き転落しかけたことがありました。

ほんの少しの間と思っても、何もわからない赤ちゃんは何をするかわかりません。使用方法なども正しく使わないといけないと思いました。