Archive for 8月 2010

ご報告。ついに出てきました!

こんばんは!SATOです。( ゚ω゚ )ついに、ついに、出ました

(゚д゚( ::: * ::: ) =3 ブッ?? ○| ̄|_ =3 ブッ・・・・???

いやいや、おならじゃなくて、赤ちゃんが~

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

いやあ、想像を超えた痛さでした。陣痛。

が、振り返ってみると、意外と冷静でした(ノ´∀`*)

すんげ~痛い陣痛でしたが、合間には助産師さんと世間話をする余裕www

立会い出産でしたが、産まれる瞬間、カメラを構えていないだんなに向かって「カメラ用意してっ!!」と、指図したり(*´ω`*)テヘ。

叫びまくる狂乱出産って、やっぱりあるらしいですが、私はいたって静かな妊婦さんだったようです。

思えば、1年前、自己流で子作りを始めて2年たっても恵まれず、その2年間は毎月生理が来るたびに落ち込んでいました。どんどん落ち込んでいきました。人それぞれでわかるはず無いことなのに、基礎体温に一喜一憂したり、生理が始まっても「着床出血(受精卵が着床した際に壁を溶かすのでほんの少し出血する方もいらっしゃるそうです)」かもしれないと、ネットのQ&Aや掲示板を検索して「生理じゃないかも!?」と、ほんとにわずかな可能性を信じてみたり・・・。

日本で「不妊」と呼ばれる目安の2年を超えたとき、意を決して不妊治療を始めて1年でタイミング指導(排卵日を特定してもらって最適な子作りの日を指導される)、クロミッド服用(排卵誘発剤の一種です)を経て、ようやく見た妊娠検査薬の陽性反応。

産まれたての子供を抱いたときの感覚、きっと一生忘れないと思います。

きっと、私の不妊治療なんて、まだまだ楽なほうだったと思います。もっともっとステップアップした治療に取り組んでる方もいっぱい知っています。

神様がいるのなら、子供を捨てたり虐待する親の変わりに、私たちのような夫婦へ子供を授けてほしいものです。

と、切に願います。