Archive for 2月 2010

働く女性と妊娠を考える

おはようございます!SATOです。私は結婚してから、税金の関係、保険の関係、年金の関係からいわゆる第3号(世のサラリーマンが私たちの分は負担してくれててアリガトウ!な制度)になっているので、年収130万を超えることは許されません。むしろ超えると損になってしまいます。ですので、パートタイマーです。

ですが、以前は残業バリバリの毎日帰宅23時くらいのキャリアウーマン!?だったので、パートになって、以前に比べてストレスはほとんどなくなりましたが、ちょっと物足りなさは感じています。多分、仕事じゃ男性に負けたくない!というタイプの女性だからです。

でも、妊娠して妊婦目線で仕事を見ると、「こりゃ前の会社のような勤務は無理だな。」と思います。働きたい女性が妊娠に踏み込めなく、ついつい先延ばしにして高齢出産になってしまう気持ちが少し分かりました。

私も不妊治療を受けていて、とてもとても妊娠を希望していましたが、妊娠したとき、正直「もっともっと働きたい」「いつまで働けるんだろう?」「子供が産まれたらもう復帰できないのかな・・・」と考えてしまいました。

女性にとって、妊娠~出産~育児は体のリスクだけでなく、社会的な地位を失うリスクもついてきて、やはり、子供が産まれても生活スタイルはなんら変わらない男性と比べると、平等ではないですね・・・。

子供が産まれたら産まれたで、「もう母親なんだから」「子供第一に考えなさい」と周りから言われ、少なくとも半年は働けないでしょうから、その間にさらに社会から遠ざかり、いざ復職したいと願っても「子供がまだ小さいのに大丈夫?」と言われ、運良く復職できても、突然熱を出して「すみませんが子供が熱出したので今日お休みします。」とか、保育園から「熱出しました。迎えに来てください。」「怪我しました。迎えに来てください。」と突然連絡が入り、会社に「すみませんが・・・。」と早退を申し出るケースが少なからず発生するでしょうし・・・。その度に「働きたいのに!」「会社に迷惑かけちゃった・・・」「必要としてくれなくなるかも・・・」という不安定な気持ちになるのは目に見えています。

私は、これに耐えられるだろうか・・・。ネガティブですんません・・・。