鏡の夢

毎日の生活の中で必ず一回は見るのが鏡ではないでしょうか。自分の姿や顔を確認するために鏡を使う目的のほかに鏡を住宅の中にうまく活用する方法もあるようです。

美容室に行くと鏡が沢山あります。なぜか鏡が沢山あると同じ部屋の大きさでも広く感じませんか。鏡を使うとその中にまた部屋が映し出される為、部屋の奥行きが広がるのです。鏡は光を取り込むため、部屋の中も明るくなります。このように、鏡を使うことによって生活空間の奥行きを広めたり、住宅の明るく快適にしたりすることができるのです。

大分でリフォームした友人宅には、玄関に大きな姿見を埋め込みました。出かける時に、容姿をチェックする為に使うのと同時に、玄関という狭いスペースを広く見せる為に設けたようです。鏡があるかないかで奥行きや広さが随分違って見えました。鏡をのぞきこむと自分が映し出されます。

夢占いにおいて、鏡とは自分の心を映し出しているものになります。夢の中で鏡をのぞきこんでいる夢であるならば、自分の心と対面しようとしている事の表れです。過去の恋愛とも繋がりが深いのが鏡の夢のようです。過去の恋愛を断ち切りたいと思っている時に鏡の夢を見ることがあるようです。綺麗に磨かれた鏡は、自分の選択が間違っていない証拠、逆に曇った鏡は、方向転換をするべきとのアドバイスの夢になります。日常生活においても鏡が割れるというのはいいことではありませんが、夢においても鏡が割れる夢は恋人との破局を表しているようです。

転倒・転落の危険

我が家の1階には部屋が3つほどあります。

ある日の事、ベビーベットに赤ちゃんを寝かせていました。寝ているので大丈夫だろうと別の部屋へ少し行った時のこと。突然、ゴンと大きな音と鳴き声がしました。びっくりしていくと赤ちゃんがベッドから落ちていました。ちゃんと柵を上げていなかったため、赤ちゃんが寝がえりの際に落ちたのでした。頭が腫れ、少し擦りキズもできました。その時はそのほかはなんともありませんでした。しかし、一歩間違えると死に至った出来事でした。

その時以来、ちょっと目を離す時もきちんとベビーベットの柵をあげておくようにしました。つかまり立ちをはじめると柵によじ登ろうとする姿が見られるようになりました。動きが活発になったら、ベビーベットは卒業しないといけないと思いました。

赤ちゃんの転落や転倒の事故はよく話に聞きます。ベビーベットだけでなく、食事中に子供用のハイチェアに乗せていた時に、立ちあがってしまい転倒してしまうこと。また、ベビーカーや抱っこひも使用中の転落事故など。

元々、頭は石頭な赤ちゃんですが、転倒や転落の仕方によっては大きな事故に繋がることもあります。私もチャイルドシートに赤ちゃんを乗せていて、抱っこひもを装着しようと少しの間シートベルトをはずした時に赤ちゃんが動き転落しかけたことがありました。

ほんの少しの間と思っても、何もわからない赤ちゃんは何をするかわかりません。使用方法なども正しく使わないといけないと思いました。

お外が大好きな赤ちゃんには危険なことがいっぱい

赤ちゃんは外が大好きです。機嫌が悪い日でも、ベランダに出て少し外を見せると機嫌がよくなることもあります。

ある日、洗濯物を干そうとベランダに出たときのことです。洗濯物を干す時には、網戸を閉めていたのですが、ぱっと見ると網戸をあけて赤ちゃんがベタンダに来ようとしていたのです。その日は、天気もよかったし、私もベランダにいたので遊んでもらおうとやってきたのだと思います。

こけたら、硬いタイルで頭を打ちます。とても危険でした。それからは、ベランダに出た時は、窓も閉めるようにしました。窓も内側しか鍵がかけられないので開ける危険性はありますが、窓をかけて網戸をあけての時間がかかるのでそれまでにベランダにくることを防げました。ベランダでの事故はそのほかにも沢山あるようです。踏み台になるようなものをベランダに置いていて、その上に赤ちゃんがよじ登り、そのままベランダから転落してしまったということもあるようでした。

今はまだ伝い歩きですが、これから歩くようになるとベランダでの事故に気をつけなければならないと思いました。ベランダ以外にも、うちには階段があります。階段での転落の話もよく聞きます。階段に登らせないように、階段には乳幼児用移動防止柵というものをつけるといいそうです。

うちは、たまたまペット用についていたものがあるのでそれを使っています。少しの段差でも赤ちゃんにとっては大きな事故の元になるので気をつけようと思います。

つい見逃しがちな危険なもの

ある日、大分の不動産がのったDMが届いたので、あとから見ようと机の上に置いていました。

数分後、赤ちゃんをみるとなんとDMを食べていたのです。そして、口の中には紙きれが沢山あり、一部口の中にはりついているものもありました。その時は、泣かせて口を開けさせて必死に紙を取り除きました。紙だったのでまだよかったものの、これが溶けないビニールのようなもので喉に詰まらせてしまったと考えるとぞっとしました。

赤ちゃんは、がちゃがちゃ鳴る紙やビニールが大好きです。それらを見つけるとつい口に入れます。それ以来、紙やビニールは手の届くところに置かないようにしました。それ以外にも、最初は大きなものしかつかめなかった赤ちゃんですが、小さなものもいつのまにかつまめるようになりました。

ある日、何か口を動かしているなと思って口を見ると、口の中にガムの銀色の包み紙が入っていました。慌てて紙を出しました。床や机の上にガムの包み紙を置いているということはなかったはずだったのになぜだろうと思いました。よくよく考えてみると外出先でガムを噛んだ後、鞄の中に入れていたことを思い出しました。いつの間にか鞄の中を探り、ガムの包み紙を口に入れていたのです。それを期に、鞄の中にも赤ちゃんが口にしてしまうと危険なものを入れないようにしました。

ガムの包み紙だけではなく、つい入れているような小さなヘアピンやレシートなども気がつくと口にしている赤ちゃんです。ヘアピンはチャック付きの袋にきちんとしまい、鞄からこまめにレシートも出すようにしました。

原発と太陽光発電

こんにちは、いろいろあってご無沙汰してしまいました。。。すみません~。でも、返り咲いてみました(*´ω`*)。

さて、梅雨が明けたらいよいよ夏ですね~!!

今の、気温がちょうど良く、朝晩には心地よく涼しい風が入るこの季節がず~~っと続けばいいのになぁ~。

でも、私が住んでいるのは日本。でもそんな日本が大好きな私です。

さて、こないだまでは「東電の実態」「電気料金値上げ」で大騒ぎしていましたが、最近は去年同様「節電の夏」の話題が多いです。

そして、何よりも気になる「原発再稼動」。表面上のことしか知らない、薄っぺらい知識の私が、素人目線で思ってしまうのは、「やっぱり人間って、馬鹿なんじゃないか?」、ということです。

本当に絶対必要なんでしょうか?

原発って、通常運転のときでも放射能が出ているものだと、先日何かの論文で読みました。

今こそ「自然エネルギー100%にするときじゃないか」と個人的には思うのですが、やっぱり現実的には太陽光を自宅に設置するとなると、200万以上かかってしまう場合があるので、電力の買い取り制度があるとはいえ、「設置にかかった金額の元を取るには何年かかるのだろう・・・。元が取れた頃にはまた修理とかメンテナンスとかで、結局赤字?」と、躊躇してしまいます。

結局、自然の為、地球の為よりも、自分の生活・お金の方を優先してしまう。

そんな私は、自己中極まりない馬鹿なんですよね・・・。そして、やっぱりそれが民意だから原発の再稼動になっちゃうのかなぁ・・・。

原発を無くすためには、太陽光発電が浸透するのが近道だと思うのですが、「絶対損しない太陽光発電」って無いのでしょうか?もし、そんなのがあれば、みんなすると思うのですが・・・。

今度、いいと評判の大分のリフォーム会社さんのところに聞きに行ってみようかと思っています。

震災から4ヶ月

こんにちは!SATOです。

震災から4ヶ月が経ちます。
そんなときにまたM7以上の地震が発生し、びっくりして冷えましたが、とりあえず津波は発生したけど大丈夫だったようで、またあの悲劇が起こらなくて一安心です。

4ヶ月も経つと人は忘れていくのか、最近はずっと震災の話題だったのですが、本格的な「管おろし」始まりましたね。
最近は「いつ辞任するのか」の話題になってきており、自民党が「いつおやめになるのですか!?」と元気に批判しまくっています。
国会の争点がどうもずれています。
自民党も政権とったらちゃんとできる確信が無いのに引っ掻き回さないでほしいものです。
札幌に引っ越した友人も自民党にはうんざりだって話をしたばかりです。
そして民主党も管総理を皆で選んだんだから最後までブレずに支えましょうよ!

また、九電のやらせメール、会社経営の戦略の一つとしての気持ちは分かります。同じような手法は、きっと他の業界でも戦略でやっているでしょうし・・・。
でも、九電の場合はやってはいけない業界であることを忘れてはいけません。

管も民も4ヶ月前、誰もが感じたであろう「ひとつになろう!支えあおう」を忘れて暴走することだけはやめて欲しいです。

気になるのは、ついに牛からも放射性セシウムが検出されたとの事、
放射能の生物濃縮(生態系ピラミッドの下層の動物が上層の動物に食われるときに、
有害物質が上の層に行くにしたがって濃縮されていくこと)が現実味を帯びてきました(汚染された草>牛)。
その頂点に立つ我々人間。本当に大丈夫なのでしょうか。
なんかもう信じられません・・・。

子育ての大変さゆえ(言い訳)

こんばんは!おひさしぶりですSATOです。
更新が遅くなりましたが、諸事情により(子育てが大変といういいわけです)すみません。
皆様、お加減いかがですか?私は、絶賛寝不足中です( ´O)η

「子育てって、月齢が進むに連れて楽になる」って聞いていたのに、ナゼナゼnazeだかまだ大変。

それは、抱っこしないと眠ってくれないうちの子供・・・。
ねくじ?(寝る前にぐずること)は激しいし、なまじっか大きくなって力が強いから反り返ったり暴れたりしたらほんとにきついし、なにより毎日寝かせるために20分くらい抱っこしてたら重いし・・・。
で、寝たかなっておもってお布団にそっと置いたら「ギャーーーo(ToT)o」と泣き出す始末・・・。もう、ホントどうにかしてくれ~~~~~~!!!
あと、苦労して寝付かせてもお昼寝も30分くらいで起きてしまうんです・・・。だから気が休まるときが無い。
大分の中古マンションに住んでいる友人も子育てで相当苦労したみたいです。

で、何でかなって自分なりに考えてみたら、この子、指しゃぶりをしないんです!!!!
赤ちゃん=ゆびしゃぶりをする と思っていたのに、ホントにしない。
きっとだから、気を紛らわせることが出来ずに、抱っこしないと寝ない子供になったんだと思います。だって、従兄の子供3歳ですがいまだに指しゃぶりしながら寝るし、なにか寂しいとかびっくりとかしたあとは自分の心を落ち着かせるために指しゃぶりをしているみたいなので・・・。

そんなこんなで、夢のマイホーム(新築)計画の話も進まず、私は疲労困憊、旦那に当たってばっかりで夫婦仲もチョット微妙・・・な、最近のSATOでした(゜▽゜;)

コラーゲンドリンク解禁!?

どもども、SATOです川 ̄_ゝ ̄)ノ ♪

相変わらず、「授乳」>「おむつ」>「だっこ」>「授乳」・・・∞

は続いていますが、夜は0時~6時位まで寝てくれるようになり、夜中の授乳が減って人並みの生活を取り戻すことが出来ました!

以前にも書いたことがありましたが、私は、コラーゲンドリンク(粉タイプ)愛飲者です(〃 ̄― ̄〃)ゝ

ですが、「お子様や妊娠中の方はお控えください」の注意書きを読んで、控えておりました。

だがしかあし!!!「もう妊娠中じゃないからいいんじゃないかな~(´・ω・`)授乳中はダメって書いてないし~」と思い、我慢しきれずに冷蔵庫から封印していたコラーゲンドリンクを取り出して、飲んじゃいました(〃 ̄― ̄〃)

なんか、飲んでないと調子が悪くて(気分の問題なのかもしれませんけれども)・・・。

で、久し振りに飲むと、初めて飲んだときに感じた「薬みたい」「変な味」「においがあるな~」といった感じがしました。

やっぱり、毎日飲んでると慣れて気にならない(気づかなくなる)ものでも、本来はこういう味なんでしょうね。慣れっておそろしいわ~w

初めて飲んだ方が「やっぱこんな変な味するの、飲むのや~めた・⌒ヾ(*´_`)」ってなるのもわかりました。

調べてみると、授乳中のコラーゲンドリンクは問題ないとのことです。コラーゲンは母乳に移行することがないみたいで・・・。もし、気になるなら、なるべく次の授乳までに一番遠い授乳直後に飲んだらいいのかもしれません。

アレルギーをお持ちの方だったら、一応病院の先生に聞いてみたら尚安心ですね~^^

落ち着いたら、、、とおもったけれど。

こんばんは!SATOです(><; ) !!

生まれるちょっと前から考えていた

「待望のマイホーム(注文住宅)♪☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ」の件ですが、結局産まれるまでほとんど話は進まず・・・Orzでした。

「産まれてから考えよう(ノ´∀`*)」と、安易に考えていましたが、前回も書きましたように、昼夜問わず「授乳」>「おむつ」>「だっこ」>「授乳」・・・∞のループが続いており、

子供が静かなときはとにかく「自分が寝る!!!」時間になっているため、ぜんぜん進む気配がありません(;^ω^)

まあ、予想してたことではありますが・・・。

しかし、夜泣きの声は、とても産まれたてとは思えないくらいヽ(`Д´)ノウルサイゾ!

この小さな体のどこからこんな声が出てくるのか・・・・。恐るべし!赤ちゃん。

埼玉で出産した友人も夜泣きには悩まされたと聞いていたけれど・・・。

で、今は出産して間もないので実家にいますが、アパートに戻ったとき、近隣住民から苦情など来ないだろうかとても不安です。

山形で住宅を新築した友人も以前、賃貸アパートに住んでいた時には隣の方に迷惑をかけていると夜泣きが気になってしょうがなかったそうです。

防音対策なんて多分無いアパートでしょうから、きっとダイレクトに声が響くと思います・・・。昼夜問わずの赤ちゃんの泣き声・・・。一度くらいの苦情は覚悟していますL;゙゚’ω゚’):

どっかの本だかネットだかで読みましたが、家は、土地探し3ヶ月、プランに3ヶ月、着工から建つのに4ヶ月の合計10ヶ月、つまり妊娠期間と同じくらい時間が掛かるものらしいです。

子供を新しい環境で育てたいのであれば、妊娠がわかってから、早めに土地探しに取り掛かったほうがいいのかもしれません。でも、無理はしないように・・・。

人間と妊娠

おはようございます!SATOです( ^ω^)・・・。

時間的には「おはようございます!」ですが、私にとってはそんな気がしません・・・。

出産して1ヶ月、只今昼夜問わず「授乳」>「おむつ」>「だっこ」>「授乳」・・・∞

の状態が続き、疲労困憊中です。

出産するまでは「妊婦さんだから~」と、いろんな人に甘やかされて、「楽チン楽チン~♪」って思っていましたが、出産後は病院も容赦なく・・・(;´∀`)。入院中、出産でへとへとなのに、「赤ちゃん泣いてますよ~おっぱいあげに来てください~」と呼びにくる看護師さん。あの、出産前にいろいろいたわってくれた人と同一人物ですか!?って感じです。

出産するまでは思いもよりませんでしたが、出産後は想像を絶する大変さです。

ふと、こんなことまで考えちゃいました。

「出産後の大変な時期を乗り越えられるように子供を授かるのは難しいのだ。」

と。出産後のこの一日中赤ちゃんに振り回される疲労困憊の時期を、「あれだけ苦労して授かった赤ちゃんだから辛くてもがんばれる」ようになってるんじゃないかなと・・・。

人間は哺乳類の中でかな~り妊娠しにくい生物です。具体的には、サルですら70~80%なのに、人間は排卵日、ばっちりしたタイミングでもたった20%くらいだそうです。もともと、そうたやすく授かれない生物なのです・・・。

とはいえ、今もまだ妊娠を強く望んでいるのに授かれない方が星の数ほどいらっしゃいます。このブログを読んでくださってる方にももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

「子育て大変だ大変だ」は、その方々にとっては下手すれば「自慢ですか?」「授かっただけいいじゃないですか。」とマイナス方向に受け取られてしまうこともあると思います。

不妊治療を通して思ったことは、周りの何気ない、悪意のない「子供作らないの?」という言葉の残酷さです。ご夫婦にはそれぞれどんな事情があるかわかりません。「二人目作らないの?」、「三人目作らないの?」も、同様です。そういうことを聞かないことも、大切な「マナー」だと思います。

話がそれてしまいましたが、このブログを読んでいる方、今後、「子供作らないの?」は、できれば、封印してください。

大分の土地に注文住宅を建てて子供と暮らせるとすごくいいなと近頃すごく思います。